MAA-1

メーカー希望小売価格 ¥8,800

スマホの音、大きく出来ます。

電源不要!
イヤホン出力→ステレオのアンプやカーオーディオへの接続に!

 

〈  ↑クリックで拡大できます。〉

 

 

使用例イメージ

 

METAL CAB 1×12

overvirew

“METAL CAB”はその名の通り金属素材のスピーカーキャビネット。
レーシング・モーターサイクルからインスピレーションを得て、贅沢にもアルミボディとカーボンバッフルを採用。
キャビネットの開発にあたっては、VirtuosOn独自開発の“Helmholtz Resonance Cabinet”を採用しながら、
キャビネット素材そのものを追及。

 

almi&carbon

レーシング・モーターサイクルからインスピレーションを得て、贅沢にもアルミボディとカーボンバッフルを採用。

 

 

TECHNICAL DETAILSVIDEOSPEC

METAL CAB 1×12

METAL CAB EX METAL50Setting example EX Metal 50 + Metal Cab 1×12

 

このキャビネットではギターアンプで多用される大きな12インチ・スピーカーを搭載するため、Type-1よりも更に軽量化と部材の剛性を意識。
もちろん通常の木材を用いても同様のキャビネットは製作可能であるが、ここでは従来のギター・アンプキャビネットでは考慮されてこなかった素材を用いた製作に着手。
音楽とジャンルは異なる話となるが、レーシング・モーターサイクルの世界では、
軽量且つ高剛性を実現するためにアルミシャーシ+カーボンフェアリングを採用するのが常識。
METAL CAB 1×12の開発ではこうしたレーシング・モーターサイクルにインスピレーションを得て、
アルミ躯体にカーボンバッフルを組み合わせて製作。

type-M_Cabinet_CloseUp

結果として、アルミニウム躯体はエレクトリックギター特有の金属的な響きを強調し、
カーボンバッフルは真空管アンプ特有の「暖かさ」「まろやかさ」を更にサポート出来る事を発見。
こうして、今までに無い構造・素材のギターアンプ要スピーカーキャビネットを製作しました。

 

 

開発の過程では、Martin D-45Eといった究極ともいえるアコースティックギターのデータも採取しながら行われてます。

データ採取に使用したMartin D-45EMartinD-45E

Learn More “Helmholtz Resonance Cabinet”

Metal – band mixed

 

Metal – Riff

<METAL CAB 1×12

 

使用スピーカー:Jensen C12N-8Ω

躯体素材:AL5052アルミ板
バッフル素材:CFRPカーボンパネル
寸法:W=45cm, D=25.5cm, H=48cm
重量:13.1Kg

EX METAL 50

Of the metal, By the metal, For the metal…
True Metal Heads

 

EX-Metal 50は、メタルヘッドの、メタルヘッドによる、メタルヘッド達のために創られた、究極のハイゲイン・メタル・真空管アンプ。

EX-METAL50ヘッドキャビネットにも、本物の金属である圧延アルミ板を採用し、本物の金属による光沢を実現。
放熱性に優れるアルミ素材は、ハイパワーな真空管アンプともベストマッチ。
さらに、アルミニウム素材を使用し、コンパクトな設計としたことで50Wクラスながらも軽量化を実現。

 

TECHNICAL DETAILSVIDEOSPEC

EX Metal 50

METAL CAB EX METAL50Setting example EX Metal 50 + Metal Cab 1×12

 

プリアンプ部

プリアンプはウルトラ・ハイゲイン&クリスタル・クリーンの完全独立2ch仕様。
ハイゲイン仕様のCH2は、ザクザクとしたリフ~テクニカルなソロまで完全サポート。
「Metal Cab 1×12」と組み合わせれば、クリアーかつ伸びのあるサウンドを堪能できます。
クリーントーンを提供するCH1は、静粛を表現したいクリーントーンに最適。
こちらも「Metal Cab 1×12」と組み合わせれば、クリーンながらもアコースティック感を加味したトーンを表現できます。
ゲイン・ステージは勿論100%真空管回路。

EX-METAL50
真空管エフェクト・ループ搭載

ディレイ等のエフェクターを使用したテクニカル・プレイの演奏を可能とするため、エフェクトループを搭載。
このエフェクトループも、1本の12AX7による真空管によるバッファ回路と増幅回路で構成されています。

パワーアンプ部

パワーアンプは固定バイアスのクラスAB・プッシュ・プル回路で2本のパワー管を駆動し、マキシマム・パワーは50Wオーバーを発揮。
パワー管は6L6GCを標準としながら、バイアス電圧セレクトスイッチを切り替えることで、EL34も使用可能となる。

 

 

“Coming soon”

 

<EX METAL 50

使用真空管:5x 12AX7(プリアンプ・エフェクトループ)
1x 12AX7, 2x6L6GC (or EL34) (パワーアンプ)
定格出力:50W
定格消費電力: 00W
寸法:W=41cm, D=29cm, H=22cm
重量15.4Kg

Type-M


overvirew

スーパーディストーション&スーパークリーンの独立2ch・チューブアンプ。
アンプはType-1のスーパークリーン・サウンドに加えて、スーパーディストーション・サウンドの回路を加えた独立2CH仕様のプリアンプを搭載。
このアンプとキャビネットは、とにかくギタリストが自宅でトーンとテクニックを追及するための楽器として位置付けて開発したため、
敢えてパワーを5Wに抑えている。

TECHNICAL DETAILSVIDEOSPEC

Type-M-Head

 

Preamplifier section

アンプの増幅回路部は、もちろん100%真空管回路。
これをタレットボード上にハンド・ワイアードで構成。

Turret_Board
CH-1はType-1と同様、1本の12AX7を使用した2ステージゲインにより、
真空管ならではの立ち上がりが素早いクリーン・サウンドを提供。
CH-2は2本の12AX7による4ステージゲインを使用。
歪み具合とサスティン感、加えて真空管アンプに求められる倍音特性にも拘った回路を採用。
その結果CH-2は、あまりにも強力な歪みを発生するため、
取り扱いには少々注意を要する程のスーパーディストーション回路となっている。
Learn More How to use CH-2 Distorsion

CH-1とCH-2は独立2チャンネル仕様となっており、トーン回路もそれぞれ完全に独立したプリアンプ回路。
ディストーションサウンド時にはディレイ等のエフェクターを仕様したテクニカル・プレイの演奏を可能とするため、
エフェクトループを搭載。
このエフェクトループも、1本の12AX7による真空管によるバッファ回路と増幅回路で構成されています。

Preamplifier section

先に述べた通り、このアンプは「ギタリストがトーンとテクニックを追及する」ためのツールであるため、敢えてパワーを5Wに抑えてます。
出力は控えめながら、ここでもトーン・バリエーションを広げるため、パワー管は6V6Sと6L6GCを差し替えて
トーンの違いにトライする事が可能。
6V6系と6L6系の真空管は、真空管アンプを使用される方なら御存じの通り、バイアス電圧が異なる仕様なので、
そのままでの差替えは出来ません。
そのためType-M-Headにおいては、ヘッド・カバーを外せばパワー管ソケットの目の前に
バイアスを切り替えるためのスイッチを装備しています。

Metal – band mixed

 

Metal – Riff

<Type-M-Head

 

形式:ギター用チューブ・アンプ

使用真空管:4x 12AX7(プリアンプ・エフェクトループ)
1x 6V6S(パワーアンプ)
真空管カバー内部のスイッチを切り替えて6L6GCを使用可能
定格出力:5W
定格消費電力:41W
寸法:W=41cm, D=28cm, H=20cm
重量6.1Kg

Type-1

virtuoson type-1

overvirew

クリーントーンに特化した、エレキギター用アコースティック・チューブアンプ。ギターアンプ史上に綺羅星の如く輝く“名機”を輩出したブランドをリスペクトし、敬意をはらいつつも、より進化したギターアンプの存在を思考し、私達は“Type-1”を完成させました。

Type-1の電気回路は伝統を重視し、サウンドの増幅回路には100%真空管回路を採用。

Type-1_back_view

伝統的な回路に対して、キャビネットには共鳴(Resonance)を積極的に利用する”Helmholtz Resonance Cabinet”を独自開発し、今までのギターアンプでは得られない独自のトーンを追及。

この構造は、最新の3D-CADを利用して設計し、本体を30cm×30cmというLPレコードジャケット・サイズに収めることに成功。 
VirtuosOn_3D-CAD

On – Pluggedの時代へ

Type-1はソリッドギター用に開発しましたが、開発途中にエレアコ(エレクトリック・アコースティックギター)をプラグインしたところ、エレアコの持つ「もうひとつの顔」とも言えるサウンドが出てきました。

エレアコは元々アコースティックギターなのでアンプを使わずとも十分な音が出るものですが、これにType-1が持つ真空管によるサチュレーションと、Helmholtz Resonance Cabinetの共鳴音が加わることで、単なる音量の増幅ではない音の広がりが加わったのです。

従来のエレアコ用アンプとも全く違うこの音を、是非とも”On – Plugged”で御体験下さい。

Extraordinary tone at your home

Most guitar players are worrying about amplifier’s ludouness for their family and neighbours.
Because general type of cabinet is comfortable with its maximam powered sound.
At this point, our cabinet has enough resonance with minimam volume when players are playing in their rooms.
Of course, our cabinet is fit for loud volume in the studio & live perfomance with its extraordinalresonance.
Please experiment our guitar amps in your home, studio and stages.

 

TECHNICAL DETAILSVIDEOSPECDownload

Amplifire Section

真空管ならではの立ち上がりが素早く、耳に優しいギターサウンドを提供。
クリーントーンは心地よく、そしてお好みのストンプ・ボックスを使えば、素直で軽快かつ抜けの良いディストーションサウンドを作ることができます。
“響き”と”鳴り”にこだわる本物志向のギタリストにご満足いただけると確信します。

Cabinet Section

伝統的な電気回路に対して、キャビネットには先進的な構造を採用。
共鳴(Resonance)を積極的に利用する”Helmholtz Resonance Cabinet”を独自開発。
インナーバッフルに取り付けたスピーカーとフロントバッフルの間に“共鳴空間”を作ることにより、ホルムヘルツ共鳴を利用した楽器としての“響き”を作り出すことに成功。

image1日本国特許庁実用新案登録済:実新3200860

また、インナー、フロントの両バッフルには厚さ僅か3mmの木製ボードを使用し、群を抜いた音抜けの良さを実現。
そして極めて薄いバッフルそのものが、アコースティック楽器が持つ共鳴板と同様に、楽器特有の響きをより強調。

この従来のギターアンプ・キャビネットでは考えらなかった構造は、京都府にある木製筐体製造会社の技術によって実現しました。
開発の過程では、Martin D-45Eといった究極ともいえるアコースティックギターのデータも採取しながら行われました。

Type-1_CloseUp

 

データ採取に使用したMartin D-45EMartinD-45E

Learn More “Helmholtz Resonance Cabinet”

Chassis

VirtuosOn_Stable-Cabinet
シャーシは電源部と電気増幅部が別れた上下分割構造。

重たいトランスを下部シャーシに置き、軽い増幅回路を上に設置することでアンプ筐体がトランス重量による制振作用から解放され、朗々と鳴ることが可能となりました。
また、シャーシの表面積がおのずと増えることで、熱伝導性の高いアルミがヒートシンク変わりとなり高い放熱性を確保しました。
ボディはセミグロスブラックのシックな塗装。
操作ツマミはゲイン、バス、ミドル、トレブルの調整、そして出力マスターボリュームのシンプルな構成です。

Acoustic setting
Light Crunch setting
Standard Setting
Jazzy Setting

形式:真空管式ギターアンプ

使用真空管:6V6S*1 / 12AX7*1

定格出力:5W

定格消費電力:30W

寸法:30cm*30cm*34.5cm (スピーカーキャビネット部:30cm*30cm*30cm)

重量10Kg

Silverwire Cables

silverwire_logo

SilverwireCables_image

 

Point1

プレイヤー自慢のギター、お気に入りのアンプ、これらを結ぶギターシールドは重要なアイテム。もちろん、プロフェッショナル・レベルのプレイヤーであれば既に御存知の事でしょう。どんなに良いギターやアンプもシールドによって大きく音は左右される物。
私達は長年のオーディオケーブルを取り扱った経験から、プレイヤー達の繊細なプレイを余すとこなくサウンドとするシールドをプロデュース、製作しました。
silverwire01 

繊細な音を伝達するために、「シルバー」が最適な素材である事は、耳にされた方も多いのではないでしょうか。このシールドでは芯線に80μm銀メッキを施したケーブルを採用。最高級品とされる、純銀ケーブルに迫る細やかなトーンを伝達。特に繊細な音の伝達に必要な高音域の伝達に優れてます。私たちがこのシールドに”Silverwire”と名付けた理由です。

silverwire02(比較グラフ:当社比)

Point2

確実なサウンドの伝達にはギター・アンプに直接触れるフォンジャックの存在も重要。 私達は数あるフォンジャックの中から、Neutrick社のニューブランド、”REAN”製のプラグを採用。 カチリとした操作感とゴールドメッキによる安定性を御提供します。

Point3

ハンダにも5.5%の銀を含有する、いわゆる「銀ハンダ」を使用。 ハンダ付けは、もちろん職人によるハンド・クラフトで製作。

Point4

シールド保護のため、メッシュのナイロンスリーブを装着。シールド本体を保護し、汚れも 付き難くしました。カラーバリエーションは黒とエメラルド・グリーンの2色を用意しました。

Point5

プロフェッショナル・ユーザーの方はもちろん、これから上達を目指すアマチュア・プレイヤーの方 にも是非このシールドを使って頂く事が、上達への早道だと確信してます。

Color : Black, Emerald Green
Length : 2m, 3m, 5m
Price : 2m ¥6,800(税別)
3m ¥8,800(税別)
5m ¥12,800(税別)

DRYジャックリーン

DRYジャックリーン
ギターやアンプのジャックを簡単クリーニング。
ドライ・タイプなのでケミカル剤は不要です。
ガリノイズを手軽に解消。

Price : 3ケ入 ¥800(税別)

Pedals

Neo-futuristic designed pedals

Manufactured by Hand-Wired. Neo-futuristic designed pedals. Line up contains solid state booster, stompboxes.
 

Solid Mid Booster
Hand-Wired

Like 70’s traditional booster
Suit for light crunch sound with low gain tube amps.
Players can select 3-mode of normal(mid) – treble – fat sounds.

 

Solid Over Drive
Hand-Wired

An authentic but neo-futuristic designed drive pedal.
Fit for various style guitarists.

 

Solid Distortion
Hand-Wired

Simple & traditional distortion pedal.
Shredding Riffs with easy operation.